マイナンバーの通知配達で現在、トラブルが出ており、開始についても来年の1月にはスタートできないような動きがあります。
そんな中マイナンバーとインゴットについて説明したいとおもいます。
マイナンバーとインゴットについてですが、まだ内閣府大臣官房政府広報室でも具体的な事は、進んでいません。
しかし、支払調書にマイナンバーが記載されることは、決まっているので、200万以上のインゴットを売却することは、今後情報が記載されるので、注意しなければいけません。
貸金庫や地金販売・先物のインゴット金庫サービスも最悪マイナンバー登録されると
なんのために資産をインゴットでもっているかがわからなくなってしまいます。
今の安全な資産確保は、100gの小分け加工が最適な処置な状況です。
是非、いろいろ考えているかたは、一度ご相談ください。