皆様、こんにちは!

11月なのに暖かく過ごしやすい天気ですね!

ゴールドコンシェルジュ銀座パリス浅草駅前店は本日も元気よく

営業しております!

朝からお問い合わせ有難うございます。

さてさて先日、こんな問い合わせがありました。

インゴットを小分けにして、毎年100gづつ孫に贈与すると

相続対策になるんですか?

もちろん相続対策になりますが、税務署によっては、連年贈与とみる場合もあります。

連年贈与とは

税務署に「連年贈与」と認定されてしまうような贈与をしてしまうと、一時に多額の贈与税が課されてしまうので注意が必要です。

「連年贈与」とは、例えば毎年110万円ずつ20年にわたって贈与した場合に、最初から2,200万円(110万円×20年)の贈与をする意図があったものとみなされ、贈与の初年度に2,200万円全額に課税されてしまうものです。

2,200万円を贈与した場合の贈与税は820万円となります。

贈与税は税率が高いので連年贈与認定された場合は多額の税額が課されてしまいます。

連年贈与とみなされないために


連年贈与認定を避けるためには、

・贈与契約書を贈与の都度作成する。
・受贈者本人の預金口座へ110万円を超える贈与をして、贈与税申告をする等、記録を残す。
・毎年違う時期に、毎年違う金額、違う種類の財産で贈与を行う等、単発の贈与であることを強調する。

以上のことを頭にいれとくといいですね

豆知識のご紹介でした~!!!