金・インゴットの小分け加工・買取のことなら東京のゴールドコンシェルジュ
  • HOME »
  • ゴールドの価値について

ゴールドの価値について

マイナンバー制度の導入に伴い、節税・税対策に力を入れているという方も増えています。様々な節税・税金対策が登場していますが、その中でも金・インゴット小分け加工は大きな効果が得られるとして注目が集まっています。

金は様々な面で活用する事ができるため、古くから生活の一部に欠かせないものとして知られています。こちらでは、そんな金の価値についてご紹介いたします。

金に対する共通認識

金と言えば「高級」というイメージをお持ちの方が多いと思います。そのイメージは世界共通の認識と言えます。通貨として世界で活用されていた事から需要が高まり、現在では世界中でその価値が認められるようになりました。

金の取引は多少の変動はあるものの、国が異なった場合でも大きな差はありません。
共通認識がある事はどの地域でも通用する事を意味しており、結果的に価値が高まるのです。

加工しやすい素材

金は加工しやすい反面、柔らかいという特徴から型崩れしやすい側面がありました。
そのため、繊細な装飾品を作る事は難しいとされていました。

しかし、他の金属と混ぜ合わせる事ができる特性を持っており、銀や銅といった金属を混ぜて合金にする事によって、金の欠点を補う事ができたのです。装飾品の素材として普及した事で、多くの人の手に渡るようになり、金の需要性はますます高まりました。

実物資産として有効な資源

様々な場面で活用されている金は、実用資産としての役割も果たしています。金そのものに価値があるため、政治や経済による影響を受けにくいのです。日々、金の価値は変動していますが、インフレ・デフレと価値の変動に合わせて使用方法を変える事ができる点は金ならではの魅力でしょう。

金は重量によって売却価格が変動します。そのため、200万円を超える売却額となると、それまでの所得に売却した金額に合わせた税金が上乗せされてしまいます。小分けにして200万円を超えない重量で取引する事で、支払い調書を提出する義務がなくなり、税金対策としても有効に活用できます。

金・インゴットの小分け加工なら

金・インゴットの小分け加工をお考えの際は、ゴールドコンシェルジュにお任せください。
ゴールドコンシェルジュは東京を拠点に、全国対応も可能な金・インゴットの小分け加工・買取サービスをご提供しています。

東京商品取引所加盟のインゴットは、世界を通じて取引できるブランド品です。小分け後の買取にも対応しておりますので、すぐに売却したいとお考えの方もお気軽にゴールドコンシェルジュへご相談ください。

コンテンツ

店舗情報

ゴールドコンシェルジュ
銀座パリス浅草駅前店

〒111-0032
東京都台東区浅草1-24-8
TEL:03-5246-4679
FAX:03-5246-4680
営業時間:10:00~20:00
東京都公安委員会許可
第306621407883号

PAGETOP