金・インゴットの小分け加工・買取のことなら東京のゴールドコンシェルジュ
  • HOME »
  • 節税対策に金の小分けの提案|資産四分割法のすすめ

資産四分割法のすすめ

資産四分割法とは

日本にもともとあった資産三分割法の考え方は、個人の資産を預貯・不動産・有価証券に分割して保全、もしくは運用するのが良いと考え方です。

その分割法に「金」を加えたのが「資産四分割法」です。資産四分割法が注目されるようになったのは、社会への不安や景気の低迷、相続税を含めた節税対策などが背景として挙げられます。

バブルの発生や崩壊を経験している日本では、長期的に見て価値を失わない資産、つまり「無国籍通貨」とも言われ資産としての価値が下がりにくい金が注目されているのです。それぞれの資産状況や社会情勢などにより異なりますが、資産を四分割する上での金の割合は、金融資産の10~20%程度が良いとされています。

資産四分割法のメリット

資産四分割法の最も大きなメリットには、インフレやデフレなどのマクロ要因による影響を受けにくくなる点が挙げられます。

例えば、金融資産に預貯金のみを保有している場合、デフレの時は物の価値が下がるため商品を安く購入する事ができますが、預貯金は基本的に増えないので、インフレの時は商品の価格が上がり通常よりも多く支払いをしなければならならず、資産は減っていくばかりです。

しかし、有価証券にはインフレで増えるものもあります。このように、様々な性質を持つ金融商品に資産を分割しておく事で、マクロ要因によるリスクを軽減する事に繋がるのです。特に、金はマクロ要因による影響を受けにくい資産なので、現在、その金を含めた資産四分割法が注目されているわけです。

節税対策をお考えなら金の小分け加工を

ゴールドコンシェルジュでは、資産四分割で注目を集める金の小分け加工や買取を行っております。
上昇傾向にある経済も数ヶ月、数年後にはどのような動きをするか分かりません。そんな時、金を含めた資産分割は皆様にとって有益になると考えており、ご相談いただければ節税対策に最適な提案もしております。資産分割や節税対策をお考えなら、ぜひ金の小分け加工をご検討ください。

コンテンツ

店舗情報

ゴールドコンシェルジュ
銀座パリス浅草駅前店

〒111-0032
東京都台東区浅草1-24-8
TEL:03-5246-4679
FAX:03-5246-4680
営業時間:10:00~20:00
東京都公安委員会許可
第306621407883号

PAGETOP