金・インゴットの小分け加工・買取のことなら東京のゴールドコンシェルジュ
  • HOME »
  • インゴットで税金対策|梱包する際のポイント

インゴットを梱包する際のポイント

宅配サービスを利用して大きなインゴットを100gバーなどに加工する際には、しっかりとインゴットを梱包する必要があります。

梱包材はテープで留める

インゴットの梱包に袋状や包むタイプの梱包材を使う際、テープで留めないでいると梱包材からインゴットが抜け出してしまう可能性があります。

その時、箱の中に他の梱包材などがなければインゴットが箱の壁にぶつかるかもしれませんし、重さのあるインゴットが箱の中であちこちに動くと、荷物を積む際に不安定になってしまいます。梱包材でインゴットを包んだら、開いている部分が全て閉まるようしっかりテープで留める事が大切です。

隙間を埋める

インゴットを梱包材でしっかり包んでも、箱内部に隙間があれば強い衝撃があった際に箱内部で動きまわってしまうので、インゴットの梱包では箱の隙間もしっかり埋める必要があります。
宅配キットに緩衝材が含まれていたとしても、付属のものだけでは足りない事も考えられます。

梱包材や緩衝材に加え、隙間があれば新聞紙やチラシなどを利用して隙間を埋める事で、強い衝撃の際にも箱内部で動きまわる事無く安定するので安心です。

インゴットが複数個ある場合には…

インゴットを複数個配送する場合、1つの梱包材にまとめて包むとインゴット同士がぶつかる可能性がありますし、重量が増す事で梱包にも工夫が必要になります。

安全に送るためにも、複数個あるインゴットは1つ1つに梱包材を使って包むようにしましょう。この場合も、開いた部分をしっかりテープで留め、隙間ができないように緩衝材や詰め物をします。

金は税金対策やマイナンバー対策として注目されるようになり、多くの方が金の小分け加工を利用するようになりました。宅配サービスでインゴッドを小分け加工する際は、ぜひこちらで紹介した梱包のポイントを参考にしてみてください。

税金対策のためにインゴットを分割するなら

インゴットの小分け加工を行うゴールドコンシェルジュでは、宅配によるご依頼も承っております。ゴールドコンシェルジュの宅配サービスは、往復の送料・梱包キット・振り込み手数料が全て無料でご利用いただけますし、査定価格にご納得いただけない場合の返送料もゴールドコンシェルジュが負担いたします。

全国各地対応可能ですので、税金対策のためにインゴットを分割したいなど、金の小分け加工ならぜひゴールドコンシェルジュをご利用ください。

コンテンツ

店舗情報

ゴールドコンシェルジュ
銀座パリス浅草駅前店

〒111-0032
東京都台東区浅草1-24-8
TEL:03-5246-4679
FAX:03-5246-4680
営業時間:10:00~20:00
東京都公安委員会許可
第306621407883号

PAGETOP